■X線フィルム現像薬品■

■株式会社十條合成化学研究所製 DX-60、FX-60、SX-60

株式会社十條合成化学研究所製の工業用X線処理薬品には、
最新の参加抑制技術に基づいて設計された各社のカラー現像液の
空気酸化をさらに遅くすることで実績のある酸化防止剤AO-310Pを使用しております。
現像液は安定性に優れて持ちが良く、定着液は特有の刺激臭が比較的少ないので、
現像処理現場の環境に優しいという特徴があります。
従ってフィルム・現像機のメーカーを問わず安心してご使用頂けます。
また、純国産のメリットとして薬品容器が硬質ポリタンクから軟質ビニール袋へ改良されました。
ご使用後はコンパクトにまとめられるため、省スペースで場所を取りません。

     現像液     DX-60 (60×1)  …60L用 1個入り
              DX-30 (30×2)  …30L用 2個入りセット
              DX-20 (20×3)  …20L用 3個入りセット
     定着液     FX-60 (60×1)  …60L用 1個入り
              FX-30 (30×2)  …30L用 2個入りセット
              FX-20 (20×3)   …20L用 3個入りセット
     スターター  SX-60 (60×1)  …60L用 1個入り


     ■コダック インダストレックス デベロッパー&フィクサー

     [自動現像機用処理薬品]

     ・コダック インダストレックス デベロッパー スターター

      処理タンクに現像液を新しく調合する場合に使用します。 

     ・コダック インダストレックスデベロッパー リプリニッシャー

      タンク内処理液や現像補充液を調合するようA,B,Cの3液に分かれて包装されています。
      A液はポリエチレンの容器に入っており、B液、C液はプラスチックのボトルに入っています。

     ・コダック インダストレックス フィクサー アンド リプリニッシャー

      タンク内処理液や定着液を調合するようA、Bの2液に分かれて包装されています。
      A液はポリエチレン製の容器に入っており、B液はプラスチックのボトルに入っています。

     
[手現像用処理薬品]

      ・コダック インダストレックス マニュアル デベロッパー アンド リプリニッシャー

      高性能の凝縮現像液で補充液としても使えます。補充液として最初の現像液に補充することにより、
      処理薬品の使用期間が延長され、現像能力はその期間を通じて一定に維持されます。

      ・コダック ラピッド エックスレイ デベロッパー アンド リプリニッシャー

      補充液にも使用でき、容易に溶解できる粉末製の薬品。

      ・コダック ラピッド フィクサー

      コダック ラピッド フィクサーは、2種類の凝縮液からなり、定着および硬膜を極めて迅速に行い、
      しかも寿命が長い定着液です。
      さらに定着補充液として使用すると、処理薬品の寿命を延ばします。

      弊社では上記の他、富士フィルム社製品・アグファ社製品の取扱いも行っております。